中小企業応援サイト  株式会社グッドサポート
                          
 
 
事業承継ハンドブック /中小企業庁
マンガと問答形式により、事業承継対策のポイントについてわかりやすく解説。
平成23年度税制改正対応




事業承継支援センター /中小機構
経営承継円滑化法マニュアル/中小企業庁
事業引継ぎ相談窓口 /中小企業庁
後継者育成研修 / 中小企業大学
 
 

株式会社グッドサポート
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8234 / FAX 048-782-8235

 
マネーパートナーズとは
 
  コラム 【7】
「ジョハリの窓」
 1950年代に、ジョセフ・ルフトとハリー・インガムという2人の心理学者が考え出した理論です。この2人の名前、ジョセフとハリーをくっつけて「ジョハリの窓」っていう名前になったそうです。
 
「他人が知らない自分!自分が知らない自分?」
 人はだれでも4つの側面を持っているそうです。
 
  「誰もが知っている自分」・・・・・Ⅰ開放
  「自分が知らない自分」・・・Ⅱ盲点
  「自分だけが知っている自分」・・・・・・Ⅲ秘密
  「まだ誰も知らない自分」・・・・・Ⅳ未知
 
 「Ⅰ開放」は、自他ともに認める側面なので、最も自分の能力を活かすことができるとされています。よって、この「開放」の領域を広げていくことが、自分の成長につながるわけです。 
 
       【ジョハリの窓】
    
 
 自分と組織の視点で考えた場合、自分のことをもっと他のメンバーに知ってもらい、また他のメンバーが感じていることを知ることで開放領域を広げます。
 
~~~~~~~ジョハリの窓の進め方~~~~~~~~
【部門メンバーの開放領域を広げる】
①まずは、チームのリーダー(部長・課長など)がメンバー
 全員の前でプレゼン(自己紹介・目標・抱負など)を行い
 ます。
②リーダーは退出します。その他のメンバーは、プレゼン
 の内容から、リーダーの良いところ・改善すべきところ、
 知っている事・知りたい事、知って欲しいこと、目標達成
 のためにできる事などを議論します。議論の内容をホワ
 イトボードなどに書いておきます。
 ※議論を進行させるためにファシリテーターを決めておき
   ます。
③リーダーが入室し、他のメンバーは退出します。ファシリ
 テーターがリーダーへ議論の内容を説明します。
④他のメンバーも入室します。リーダーは、ホワイトボード
 に書かれた質問やコメントに答えていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
【参考図書】

 
 
クチコミで商売は繁盛するのか? << >>