中小企業応援サイト  株式会社グッドサポート
                          
 
 
事業承継ハンドブック /中小企業庁
マンガと問答形式により、事業承継対策のポイントについてわかりやすく解説。
平成23年度税制改正対応




事業承継支援センター /中小機構
経営承継円滑化法マニュアル/中小企業庁
事業引継ぎ相談窓口 /中小企業庁
後継者育成研修 / 中小企業大学
 
 

株式会社グッドサポート
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8234 / FAX 048-782-8235

 
マネーパートナーズとは
 
  コラム 【4】
「ビジネスのヒントを見つける 『力』 アナロジー」
 「シュレッダー」は、「うどんの製麺機」をヒントにして生まれたそうです。他にも「カタツムリの殻」からヒントを得て「汚れない外壁タイル」が開発されたり、「消しゴム」をヒントに「洗剤いらずのお掃除ブラシ」が生まれたりしています。このように一見すると無関係に思える複数の事象を結びつける力を「類推力」と言います。
 
 それでは、類推力のテストをしてみましょう。さて、この問題の答えがわかりますか?
 
 ======== 第1問 ===========
  ある外科医が、悪性腫瘍を治療しようとしている。外
 科手術では不可能で、放射線を用いる以外に方法がな
 い。ところが、腫瘍を破壊するだけの強度の放射線を一
 箇所に当てると、放射線が通過する健全な細胞まで破
 壊してしまう。健全な細胞を破壊しないで、悪性腫瘍だ
 けを一瞬で破壊するためには、どうすればよいのだろ
 うか。
         (ゲーデルの哲学 高橋昌一郎 講談社 より引用)
 =======================
 
 この問題、医大生の正解率は10%だそうです。それでは、次の問題も考えてみてください。
 
 ========= 第2問 ==========
  ある将軍が、独裁国を攻撃しようとしている。国の中
 央には独裁者の立てこもる要塞があり、そこから周囲に
 多くの道が延びている。すべての道には地雷が仕掛けら
 れているので、少人数しか通り抜けることができない。
 ところが、要塞を陥落させるためには、大人数で一斉に
 攻撃する必要がある。どうすればよいのだろうか。
         (ゲーデルの哲学 高橋昌一郎 講談社 より引用)
 =======================
 
 第2問目を解いた後だと、第1問目の医大生の正解率は75%に上昇するそうです。どうですか、皆さんは答えがわかりましたか?
 
 普段、何気なく見ている無関係な事象が、問題解決のカギになっているかもしれません。ビジネスのヒントは身の回りにたくさん転がっていそうですね。 
  
【参考図書】
業界の常識も顧客にとっては驚き << >> 中小企業は局地戦が有利