中小企業応援サイト  株式会社グッドサポート
                          
事業承継ハンドブック /中小企業庁
マンガと問答形式により、事業承継対策のポイントについてわかりやすく解説。
平成23年度税制改正対応




事業承継支援センター /中小機構
経営承継円滑化法マニュアル/中小企業庁
事業引継ぎ相談窓口 /中小企業庁
後継者育成研修 / 中小企業大学
 
 
 

株式会社グッドサポート
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8234 / FAX 048-782-8235

 
マネーパートナーズとは
 トップ >> 事業承継 4つの視点
 
  経営者の視点
後継者に社長と同じスタイルの経営ができますか?
 今までは、社長のカリスマ性と強力なリーダーシップで
組織を引っ張ってきました。トップダウンで意思決定し、決
めたことは即実行!果たして、後継者にも社長と同じスタ
イルの経営ができるでしょうか・・・。
 
 後継者の適正に合った組織を作り、スムーズに経営を引
き継ぐことが社長の大きな役割です。組織力を高めて、次
世代の経営者へ会社を承継しましょう。
 
  株主の視点
事業承継における「権限」と「お金」の関係
 事業承継にあたり、株式の承継は大きな問題の1つです。
主なポイントは次の3つです。①後継者へ権限を集中するこ
と、②後継者が権限を乱用しないようにすること、③後継者
以外の相続人に金銭的なメリットを与えることです。
 
 株式の承継については、種類株式を上手く活用することが
重要になります。簡単な例としては、後継者には権限を与え
るために役員専任権付株式を持たせ、現社長は後継者が権
限を乱用しないように拒否権付株式を持ちます。また、その
他の人には、議決権制限株式や配当優先株式を持たせるこ
とで、金銭的なメリットを与えます。
 
  親の視点
円満なご家族が、これからも幸せでいられるように
 相続税の節税を優先したばっかりに企業価値を低減させ
てしまったり、兄弟の関係を悪くしてしまったり、無意味に
不動産を分割してしまったりといったことが行われるケース
があります。
 
 相続対策の基本的な順序は、①分けること(遺産分割)、
②払うこと(納税資金の確保)、③残すこと(節税対策)となり
ます。
 相続税の節税対策の前に、ご家族の幸せを・・・。
 
  顧客の視点
魅力ある会社だから引き継ぐ価値がある
 事業を承継するからには、会社にそれだけの価値がない
と後継者にしてみれば単に重荷を背負わされただけになっ
てしまいます。
 
 財務諸表の純資産額が多く株式の評価額が高いことが、
会社の価値が高いといえるでしょうか?顧客にとって無くて
はならない存在だからこそ価値があるわけです。
 
トップ << >> 事業承継のテクニック