中小企業応援サイト  【建設業】 原価管理 現場担当者の「儲け力」を高める! /株式会社グッドサポート
                       

 
事業承継ハンドブック /中小企業庁
マンガと問答形式により、事業承継対策のポイントについてわかりやすく解説。
平成23年度税制改正対応




事業承継支援センター /中小機構
経営承継円滑化法マニュアル/中小企業庁
事業引継ぎ相談窓口 /中小企業庁
後継者育成研修 / 中小企業大学
 
 

株式会社グッドサポート
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8234 / FAX 048-782-8235

 
マネーパートナーズとは
【建設業】今日から実践できる!原価管理のルールと仕組
 
  現場の改善を考えるための書式を用意する
「常に現場の改善を意識する」
 現場が予想通りに進まず、原価が予算をオーバーしてしまうこと
があります。原価意識の高い社員なら、放っておいても早い段階で
予算超過に気付き、自ら原価の低減に努めます。予算と実績を対
比しながら、現場を改善することで、最終的には原価を予算内に納
めることでしょう。しかし、人によっては、どのように現場を改善しよ
うかというアイデアが浮かばないこともあるのではないでしょうか。
 
「考えるための手がかりを与える」
 ブレーンストーミングの発案者であるアレックス・F・オズボーンが
考えた発想法です。チェックリストに答えていくことで創造性が高ま
り、アイデアを生みやすくします。これを現場で上手に活用してみま
しょう。
 
「オズボーンのチェックリスト」
チェックリストに答えることでアイデアが生まれます。
①新しい使い方、他の使い方はないか?
②他に似たモノ(アイデア)はないか?
③拡大できないか?
 何かを加える、回数、長さ、頻度など
④縮小できないか?
 分割、削除・省略、軽量など
⑤代用できないか?
 他の材料、人、場所、過程など
⑥変更できないか?
 形式、動き、意味、視点など
⑦入れ替えられないか?
 順序、配列、位置、日程など
⑧逆にできないか?
 立場・役割、向きなど
⑨結合できないか?
 目的、アイデアなど
 
「工種・作業 × オズボーンチェックリスト」
 原価低減の改善策を考えるにあたっては、できだけ多くの人から
意見を聞く方が良いでしょう。現場で施工業者の職長を交えて原価
低減につながる改善策を考えます。さらに社内で上司を含めて改善
策を練り上げましょう。
 現場担当者が改善案を考えやすいように、書式を用意しておきま
しょう。横軸に工種・作業をとり、縦軸にオズボーンのチェックリストを
設けて表を作ります。
 
(書式例)


「経理」と「原価管理」とは、まったく違います!
中位60%の社員をレベルアップする。
現場社員に必要な6つの意識とは?
実行予算は、対比できる形式でつくる
実行予算を『見える化』しておく
社員の能力に合わせた原価管理をさせる
定期的に現場の棚卸しをする
⑧ 現場改善を考えるための書式を決める
現場の改善事例は社内で共有する
増額変更の交渉ネタは毎日つくる
実績を記録して予算と対比する
社長の目が届かないところを仕組化する
全社一丸となって原価を低減する
                 ⇒ まとめて全部読む
【会社存続に必要な最低限の利益と売上は?】