中小企業応援サイト  【建設業】 原価管理 現場担当者の「儲け力」を高める! /株式会社グッドサポート
                       

 
事業承継ハンドブック /中小企業庁
マンガと問答形式により、事業承継対策のポイントについてわかりやすく解説。
平成23年度税制改正対応




事業承継支援センター /中小機構
経営承継円滑化法マニュアル/中小企業庁
事業引継ぎ相談窓口 /中小企業庁
後継者育成研修 / 中小企業大学
 
 

株式会社グッドサポート
埼玉県上尾市仲町1-5-10 京屋ビル2F
TEL 048-782-8234 / FAX 048-782-8235

 
マネーパートナーズとは
【建設業】今日から実践できる!原価管理のルールと仕組
 
  「経理」と「原価管理」とは、まったく別モノです。
 
毎月の請求書を現場ごとに振り分けて、原価を集計することは経理です。
予想して、報告して、改善する。これが原価管理です。
 


『請求書で原価を集計しても遅すぎます』
毎月の請求書で原価を把握していたのでは、赤字の発見が遅れます。
これでは赤字を工事完了までに取り返すことが難しくなります。
 
『原価管理は現場の仕事です』
本当の原価管理は、現場担当者が、できる限り早く予算を超過しそうな
費目を予想して、現場を改善することです。そして、工事終了時には、
原価を予算内に納めることです。
 
『現場の赤字は、この現場で取り返す』 これが原価管理です。
「次の現場で儲ければいいや」そう思っているうちは、いつまでたっても
儲かりません。今日の赤字は、明日取り返しましょう。
 
こんなあたり前のことを徹底的に実践して、さらに継続することで
会社全体の工事利益はアップします。
 
御社には、原価管理の明確なルールとそれを継続する仕組がありますか?

① 「経理」と「原価管理」とは、まったく違います!
中位60%の社員をレベルアップする。
現場社員に必要な6つの意識とは?
実行予算は、対比できる形式でつくる
実行予算を『見える化』しておく
社員の能力に合わせた原価管理をさせる
定期的に現場の棚卸しをする
現場改善を考えるための書式を決める
現場の改善事例は社内で共有する
増額変更の交渉ネタは毎日つくる
実績を記録して予算と対比する
社長の目が届かないところを仕組化する
全社一丸となって原価を低減する
                 ⇒ まとめて全部読む
【会社存続に必要な最低限の利益と売上は?】